早期矯正治療 筋機能矯正装置

乱れた歯並びの原因は?

早期矯正治療 筋機能矯正
現代の多くの子供たちは顎の発達や歯並びに問題を抱えています。
最近の研究報告によると舌の位置、口呼吸、逆嚥下(間違った飲み込み癖)、指しゃぶりなどの口腔周囲筋機能不全があごの発育や歯並びに大きな影響を及ぼしていることがわかっています。
これらの問題はブラケットによる矯正治療では改善されません。

お子様の不正咬合の主な原因

  1. 舌の位置:何もしていないときに、舌が前歯に触れていたり押していたりすると正常な顎の成長を阻害したり、歯列の拡大不全につながります。
  2. 口呼吸:お口がぽかんと開いていることによって口唇閉鎖不全になり、舌の唇の筋肉のバランスが崩れ、歯の突出、歯列の狭窄に繋がります。また、お口から直接菌やウイルスが入ってくるので、健康にとっても良いことではありません。
  3. 逆嚥下:授乳中心の赤ちゃんは吸引型の飲み込み(乳児型嚥下)です。
    歯が生えてきて噛む食事ができるようになってくると、噛んだものを舌で集めて飲み込む(成熟型嚥下)ようになります。
    しかし、子どもの中には乳児様嚥下から成熟型嚥下にスムーズに移行できない子もいます。
    乳児様嚥下は逆嚥下とも言い、頬や唇に部分的な強い力が加わるため歯並びの崩れに繋がります。

筋機能矯正の目的

早期矯正治療 筋機能矯正早期矯正治療 筋機能矯正
早期矯正治療 筋機能矯正
前述の「原因」によって引き起こされた「結果」が不正咬合です。
筋機能矯正装置とは、「結果」である歯の並びを直接動かすのではなく、不正咬合の「原因」にアプローチする筋機能訓練プログラムです。
口呼吸や舌の突出、間違った嚥下などの口腔周囲筋の悪習癖を改善することで、顎の発育不全や不正咬合の根本的な原因を治療します。
正しい鼻呼吸の獲得を目指し、本来の上あご、下あごの健全な発達を促し、自然で生き生きとした笑顔の子供たちを育てることが目的です。
その結果としてブラケットを使わずにかみ合わせや歯並びが改善される可能性が高くなります。

筋機能矯正とは?

基本は、取り外しできるマウスピース装置を日中1~2時間と就寝時に使用します。また毎日2~3分口腔筋機能訓練(MFT)をお家で行っていただきます。サイズや硬さを変えて使っていただき、
舌の正しい位置や正しい飲み込み方などを覚え、鼻で呼吸する習慣がつく結果として、歯並びは良くなり、美しい口元を作ります。
多くのケースで治療後の保定装置(リテーナー)は要りません。

筋機能矯正装置の働き

取り外し式マウスピースは口腔周囲筋を訓練し、萌出してくる歯を正しい位置に誘導するように設計されています。

  1. 正しい位置に舌を置くように訓練します。
  2. 間違った嚥下を改善します。
  3. 口唇閉鎖不全を改善します。
  4. 鼻呼吸を促します。
  5. 乱れた歯並びに軽い力がかかるように設計されており、毎日の使用が前歯を揃え、顎の拡大をサポートします。
  • 早期矯正治療 筋機能矯正
  • 早期矯正治療 筋機能矯正

ケース1

主訴:
前歯の反対
診断名:
反対咬合、上顎正中離開、下顎前歯叢生
初診時年齢:
7歳
装置名:
筋機能矯正装置
抜歯非抜歯:
非抜歯
治療期間:
6か月
費用目安:
¥100,000(税別)
リスク副作用についてはこちら
治療概要
筋機能矯正装置を在宅時に使用、MFTを併用して反対咬合及び叢生を改善しました。
  • 茶沢矯正歯科の早期矯正治療 筋機能矯正 治療例1
  • 茶沢矯正歯科の早期矯正治療 筋機能矯正 治療例1
  • 茶沢矯正歯科の早期矯正治療 筋機能矯正 治療例1
  • 茶沢矯正歯科の早期矯正治療 筋機能矯正 治療例1
  • 茶沢矯正歯科の早期矯正治療 筋機能矯正 治療例1
  • 茶沢矯正歯科の早期矯正治療 筋機能矯正 治療例1
  • 茶沢矯正歯科の早期矯正治療 筋機能矯正 治療例1
  • 茶沢矯正歯科の早期矯正治療 筋機能矯正 治療例1

ケース2

主訴:
出っ歯、下の前歯のデコボコ
診断名:
上顎前突、上下顎前歯叢生
初診時年齢:
8歳
装置名:
筋機能矯正装置
抜歯非抜歯:
非抜歯
治療期間:
5か月
費用目安:
¥100,000(税別)
リスク副作用についてはこちら
治療概要
筋機能矯正装置を在宅時に使用、MFTを併用。口唇閉鎖時のオトガイ筋の緊張が改善、歯列が拡大され下の前歯のでこぼこ、出っ歯が改善しました。また側貌の口元の突出感も改善しています。
  • 小児矯正 治療例その1 治療前 左側
  • 小児矯正 治療例その1 治療前 正面
  • 小児矯正 治療例その1 治療前 右側
  • 小児矯正 治療例その1 治療前 上歯
  • 小児矯正 治療例その1 治療前 下歯
  • 小児矯正 治療例その1 治療前 横から
  • 小児矯正 治療例その1 治療前 顔の正面
  • 小児矯正 治療例その1 治療前 顔の横から
  • 小児矯正 治療例その1 治療後 左側
  • 小児矯正 治療例その1 治療後 正面
  • 小児矯正 治療例その1 治療後 右側
  • 小児矯正 治療例その1 治療後 上歯
  • 小児矯正 治療例その1 治療後 下歯
  • 小児矯正 治療例その1 治療後 横から
  • 小児矯正 治療例その1 治療後 顔の正面
  • 小児矯正 治療例その1 治療後 顔の横から
筋機能矯正システムは前歯の生え変わりの時期である5、6歳から小学校高学年くらいまでのお子様に、効果的な治療をすることを目的として開発された早期矯正治療プログラムです。サイズや硬さを変えて通常1年半~2年使用します。
学校やお外で使う必要はありません!!
しかし、自分で取り外せる装置というのは時に継続が難しいことがあります。毎日の口腔筋機能トレーニング(MFT)も大切です。
お子様ご本人のやる気はもちろんのこと、親御さんの協力が治療の成否に大きく関わってくる治療です。
ご興味のある方は当院までぜひご相談ください。
診療時間/曜日
10:00~13:00
15:00~19:00

※ 土日は隔週診療になります
土日の診療時間:10:00~13:00、14:00~17:00 
休診日:水、金、祝
東京都世田谷区代沢5-19-13
TEL:03-6453-2919
[下北沢の矯正歯科] 茶沢通り矯正歯科

ご予約

医院マップ
© 2018 下北沢・茶沢通り矯正歯科
国立東京医科歯科大学附属病院医療連携医院

PAGE TOP